« 日曜日、60個ギョーザ | トップページ | 「旦那の~パワー」弁当 »

触り一回、タバコを一本

「タバコ」

Dsc04581 昨日、ネズミと私は九時半に起きました。

起きた後に、私は家を軽く掃除して、(土、日曜日の時に家を少し軽く掃除だけ、ネズミは家中に居る時に、私は家事を余りしなくて、完全二人の時間を享受する。)

ネズミは新聞を読んだり、コーヒーを飲んだり、ソファーの中に座り込んで、パソコンを打ったりして、朝の光はカーテンから部屋中に映し出しまして、部屋の中に温かく成ってきました。私とネズミはテレビを見ながら、自分のパソコンを専念しました。

時間は私がパソコンで有名な連続ドラマ(夏洛克·福爾摩斯断案集)を見ながらにしているまに、流れました。

暫く~時間を見て、えぇ~12時になりました。

ついに、ネズミの灰皿を見て、マジ吸殻は8本になりました。

9時半からソファーに座り込んでから~12時までに8本の吸殻と、

2時30分に8本を吸いで、

2時間30分は=150分÷8=18.75、ということは、

18.75分は一本タバコを吸いました。

速度は速すぎだった。

ネズミのタバコの量をコンドロルしないとダメ、

「これから2時間に一本を吸う」

「少ない」

「タバコの量を押さえってください、そんな量を吸うと自殺行為ではないか?」

間もなく

「タバコ一本をくれ」

「ダメ、時間は短い、今、一時間を経てだけ~まだ一時間があります」

「くれ~くれ~」って文句を言いながら、気ままに振舞ってくれました。

しょうがない、タバコを一本出しました。

間もなく~

私はなんとなしに、ネズミを触ってしました。

「タバコをくれ~」

「えぇ~吸いだばかりだったっちゃ」

「俺を一回触ったら、タバコを一本くれ」

「このルールは先に言ってなかったのに、今いきなり言ってくれて、認めません」

ふぅ~気をつけないと、危ない~今から絶対ネズミを触りません。

間もなく

ご飯を作る間に、ネズミはこっそりと一本を吸いだ。

ついに、

ご飯を終わった後に、

ネズミはタバコをポケットに入れって、隠して、私に渡さなかった。

「タバコを押さえることができないですか?禁煙なんか言ってないよぅ

「禁煙なんか出来なくなら~せめても量を押さえってもいいじゃん

「そうなら~好きにさせってください」

「今、一㍉のタバコを吸っていますが、昔、もっとこれ以上のミリを吸いました。」

「俺に禁煙は諦めってください」

最後に、ネズミの一日禁煙活動はタバコを追いかけ奪い競技に変わりました。

私は完敗しちゃった。

「おでん」

Dsc04574

此れは静岡のおでんである。

具材は:

全部9品、11本、

昆布1、大根1、牛すじ2、玉子1、ちくわ1、

角あげ1、こんにゃく1、糸こん2、黒はんぺん1

静岡のおでんの条件は:

1、串にさしてあること。

2、黒はんぺんが入っていること。

3、ダシ汁がくろいこと。(色は黒いがしょっぱくない)

4、ダシ粉をかけること。

Dsc04576

昨日、

ネズミは5本を食べてしまた。

|

« 日曜日、60個ギョーザ | トップページ | 「旦那の~パワー」弁当 »

母から頂いた愛情:◕‿◕。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 触り一回、タバコを一本:

« 日曜日、60個ギョーザ | トップページ | 「旦那の~パワー」弁当 »