《お土産〃》

岡山名物あん入りきなこ

パパ出張の時に買った岡山名物あんいりきなこである。

P1000488

中の様子、

P1000490

美味しかった。

P1000513

前日作ったワンタンである。

P1000502

昨日買ったの栗である。

鍋で40分煮って、皮を剥いて食べる。

P1000511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくさく「海老」日記

此れは名古屋のさくさく海老日記である。

日本は不思議ですねぇ!日本には初めって来た時に、何故?日本はそんな煎餅がいっばいんで、いろいろ種類もあるし、中に海老の煎餅が美味しいけど~他にはただ普通の米の煎餅ばっかりだが、何故日本人はそんな愛してるなんて、不思議とおもいました。

でも日本に長くに住んでに連れて、だいだい分かる気になってきます、

日本は島の国なので、物産の資源は有限で、国産のものの種類は限られて、

中に米は日本を体表できである。

日本の米はとても美味しくて、甘くて、柔らかくて、日本人であるのみならず、

日本に住んでいる外国人も好きである。

だから~寿司とか、おにぎりとか~日本の米ならではの味と言い過ぎないぐらい。

「なぜ、日本人はそんな米を愛してるん」って、

家のパパに聞くと、「歴史」って簡単に済ませられました。

そして、「歴史」という言葉簡単ですけど~

それは何によりの答えでしょう。

日本人は米に愛を込めて、いろいろのおつまみを作られて、中にはいろいろ米で作ったの煎餅は一番体表できます。

海苔煎餅、もち煎餅、海老煎餅、いろいろ種類、数を数えないほど~

だからといって、日本人は他の国の人より米が好きですねぇ!

P1000359

包装も綺麗です。

見ても、気持ち良くなれますほど~

だからといって、日本の食べ物は目や心を楽しませる。

P1000355

中の形、海老の煎餅はパパも私も好みます。

さくさく日記の海老煎餅は海老の味濃くて、さくさく感ともちもち感と相まって、おつまみ中に最高の一品である。

P1000357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけてみそ、かけてみそ、名古屋名物

家のパパ名古屋で名古屋の名物つけてみそ、かけてそうを買いました。

この前に取り寄せにしてみようが、あれこれの事情にあって、名古屋の味噌を取り寄せしてなかった。

今回、パパは名古屋に行って、味噌を買いました。

いろいろ物をつけてみて、かけてみたいかなぁ~~

P1000338

又味噌煮込ウドンも~

名古屋の名物はもしかして味噌かしら、何でも味噌の味みたい。

P1000340

このお茶漬けは貰ったもの、

美味しいご飯と一緒に~うん~(○゚ε゚○)

P1000335

かけてみそ、つけてみその箱である。

箱だけを見ても、食欲もアップになれそう。

また、今ココログは画を描く功能がありました。

早速、その功能を試して見たら、エラが発生しました。(;´д`)トホホ…

P1000334

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「彩鳳」シュウマイ

家のパパ東京に行く時に羽田空港で買ったシュウマイである。

P1000289

全部十個で、醤油とからしも付いてます。

P1000291

鍋の蓋を開けると蒸気がカメラのレンズの上に霧になりました。

P1000297

暫くにして、十個彩鳳のシュウマイがはっきり見えました。

このシュウマイは家庭用の蒸し器で5~6分位蒸して良い。

味は正直にイマイチです。

ちゅごくで作ったのシュウマイと比べないほど、日本で生産したシュウマイは全部日本人の味覚に向いて作りましたの、

中国人に対してりシュウマイはちゅごくならではの味だなぁ。

P1000298

| | コメント (10) | トラックバック (0)

塩、胡椒「鶏肉の照り焼き」

したには土曜日の晩御飯、塩コショウの照り焼きキチンである。

家の主人はブロッコリーの茎を食べませんので、ブルっ子リーの茎を全部切って、

花の部分だけ彼に食べさせます。

家の主人は茎のような物を一切口中に入らない習慣があります。

切った茎を全部私が食べました。

食べる時にマヨをかけって、美味しさアップです。

P1000272

秋刀魚の塩焼き、

今から秋刀魚の時期に来ましたので、いろいろ秋刀魚の料理を作って、

主人に食べさせたいかなぁ。

P1000273

また~ご飯終わったのデザートは主人が東京から持って買えた浅草芋ようかんでした。

美味しかったよう!だたのさつま芋けど~

主人は買ってくれたの、美味しさアップした。P1000269_2 P1000271

| | コメント (0) | トラックバック (1)

凄く美味しい、凄く美味しい

家のパパ出張いたときに買ったお土産である。

P1000097 P1000099

ちなみに、今日の晩御飯はビビンバです。

したにはビビンバの材料:いろいろ野菜の具、スプ、トマトソース、胡麻油、

P1000101

したには出来上がった物、

又キムチ、炒め牛肉カルビ、韓国辛子味噌、

一緒に上にのせて、美味しい韓国風のビビンバが出来ました。

今日、コンナおおきいサイズの碗と皿でご飯をしました。

しょうがなかった、二人は昼時に買い物して、又スーバーで買い物を終わったら、

家に着くと8時になりました、二人共お腹はど~空いたので、

丸で~一匹牛を全部食べれるほど~~パパも私も全部完食した。

P1000102

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鶴づくり

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押して、もっと頑張るよ!

鶴づくりの箱の外観、二種類である。

Dsc02996

右大きいケースの中身である。

Dsc03008

食べるよ!

Dsc03011 

左のケース中身である。

Dsc02998

Dsc03026_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかり縁「えびせんべい」

「えびせんべい」

美味しい最高級な味で、贅沢な時間。

江戸時代に由来する。

新鮮な海老の身を丹念に焼き上げた深く香ばしい味わい。

私のお勧め一品です。

★☆★☆

Dsc01255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「伊勢名物赤福」

「伊勢名物赤福」

「神様^^」出張の時に買ったお土産です。

此れは三重県の名物、「赤福の名前は“赤心慶福”に由来、

赤心(まごころ)をもって他人も己れも幸せあれと願う、

神宮参拝者の心持ちから名付けられたものです」と書かれています

五十鈴川の清流にちなんで、

白い餅でせせらぎの石を上にのせた漉し餡を指で押して二すじの波形を作って水の流れを表現しています。

正岡子規の句「到来の赤福餅や伊勢の春」にも詠まれています。

★☆★☆

Dsc01244

Dsc01241

| | コメント (0) | トラックバック (0)