☆秋の食欲食卓

春巻き、餃子、ワンタンを作りました。

土曜日の昼、春巻き、餃子、ワンタンを三種類作りました。

でも~具は二種類でした。

餃子は50個、ワンタンは25個(小さい)、春巻きは8個、土曜日の夜には餃子を食べて、

ワンタンは冷凍室に入れて、日曜日で食べようと思いました。

春巻きは冷凍してに入れて、食べたい時にフライで、食べると便利です。

P1000450

始めてワンタンを作って、家のパパは何時も「水餃子を食べたい」って言われて、でも~日本は水餃子の皮を売ったところが見た事がなくて、自分も皮を作りたいけど~余り自信がなくて、今回ワンタンの皮を買って、ワンタンは水の中に煮るものので、水餃子と同じかなぁって、又美味しいスープを作ればこそ、パパ美味しい水餃子の雰囲気を感じられる兼ねない。

P1000453

50個水餃子です。

中の具は韮、椎茸、卵、少々キャンペツ、牛肉と豚肉の混ぜたのひき肉、葱、又調味料、

も一種類中の具はキャンペツ、豚肉と牛肉の混ぜたのひき肉、葱、椎茸、海苔、漁師小魚、調味料、

P1000456

春巻きは残ったの具で作ったの、

又、いっばい具を残ったけど、日曜日も少し皮を買って、作って、冷凍してに入ります。

P1000458

焼いた感じ、如何?

雰囲気はレストランの餃子と変わらないでしょう!

P1000461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイディアグリムパスタ

アイディアパスタを作るの材料、明太子クリーム、マッシュルーム、缶詰かに、

豚肉、

P1000443 P1000446

豚肉はオリーブ油でじっくり炒めって、外の皮がカリカリの感じときに、マッシュルームを入れって、一緒に炒めて、後に、煮たパスタも入れます。

少々炒めた後に皿の上に移します。

最後、明太子グリムソースと混ぜて、

アイディアパスタが完成しました。

P1000448

韮と鳥レバー

炒め料理

塩コショウ、醤油と一緒に煮込んだ後のレバーは生姜焼きのタレで炒めって、出来上がった最後、韮入り、さっさと炒めて、完成。

生姜のためのおかげて、レストランと味を出て来ました、最高の一品でした。

P1000445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製おでん

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押してもっと頑張るよ~

Dsc03065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製焼き鳥手羽先

下の手羽先は今日の昼ご飯だった、

「おつまみふり、とビルとがあいまってけど~昼間でビルなんか飲まないですもの」

最近鳥手羽先を食べたくて、食べたくて、でも~~焼いた物を食べたい、

さぁ~自己製しかない、昼、買い物に行く時に、9個鳥手羽先を買いました。

帰った、先ず鳥手羽先を洗って、塩、胡椒と味をつけ、一時間ほど冷蔵庫で寝かせって、

後、焼くだけで食べれます、でも焼く火は弱い火のほうがいいと思っています、

私は小火でゆっくり焼いたの、美味しくて堪えません。

小火の特点は肉の全体が柔らかくてにして、焦げなくて、甘味を出で来られる。

まぁ~最後、私は味わいしていました。

美味しいよ!

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押して、もっと頑るよ!

Dsc02986

下はネズミ一昨日韓国に出張する時に買ったキムチである。

美味しい~ネズミは毎回韓国に出張する時に必ず買う物、

Dsc02982_2

 ღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ お弁当へღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へღ。゚・◕‿◕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製濃くとんこつラーメン

このラーメンは自家製の物である。

最近、家のネズミはラーメンを食べたいなのに。

ちょっと腕を振るって、ご馳走しました。

ポイントはこの豚の角煮です。

市販の肉で、「一塊の肉」自分の食べたいセイズを切った後、

鍋中に水、醤油、塩、胡椒、みりん、大蒜、一緒に入れる、

「私はこの角煮を煮るときに、丸ごと一つじゃが芋を一緒に入りました、じゃが芋を熟れていた(うれている)後、先出して、このじゃが芋は肉の味もつけて、自分のお好む食べ方を食べれば。」私は次の日、じゃが芋と野菜と(豚肉を煮込む時に残った汁)と一緒に炒めて、ネズミの弁当中にいれましたら。

ほかのものは、もやし、葱、赤生姜、卵、海苔、最後に上に加えて、仕上がりました。

ネズミは完食だった。

ちなみにこのラーメンは95点を取りました。

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押して、もっと頑張るよ!

Dsc02814

   ღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ お弁当へღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へღ。゚・◕‿◕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフシチュー「秋の味」

昨日の晩御飯はビーフシチューだった。

シチューはビストロシュフの、

赤ワイとバルサミコ酢にエシャロットを加えて煮詰めた特製赤ワインソースと煮込んだ

香味(こうみ)野菜から作った、深みのあるデミグラスソース仕立てのビーフシチューです。

この料理を作るときに、小さいセイズのじゃが芋、人参、牛肉、玉葱は先に鍋で煮込む、

「この料理中に、少し牛乳を入れって、味をアップする」><此れはただ私の個人の意見のみです。

家のネズミは大きいセイズのじゃが芋を食べたいので、

別の鍋で大きいセイズじゃが芋とインゲンとえんどう豆を煮込んで、

最後、仕上げる時に、皿の上に加える。

この料理は秋の一品である。

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押していっばい国際結婚ブログを見れますよ!

Dsc02756

   ღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ お弁当へღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へღ。゚・◕‿◕。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フランスの料理「ブイヤベース」

昨日晩御飯は何にを食べるんかなぁ~~って

分からなかったほど~何でも食べ尽くしの感じになった、

ネズミは考えって、考えって、考えって、

じっと考えたあげく、

この「ブイヤベース」の魚類のスープ料理と決めました。

材料は結構多くて、でも美味しいスープを飲ませんが為に、

腕を振って、頑張ろうと、~~

「ブイヤベース」

材料;鱈(たら)、車エビ、アサリ、

    ピーマン、トマト、じゃが芋、大蒜、玉ねぎ、

調味料;塩、黒胡椒、オリーブ油、白ワイン、サフラン、バセリ、

第一段取り、油で大蒜を炒め後、じゃが芋と水を入れって、ゆっくり煮込んで、

      じゃが芋を柔らかく少し融けた後、エビと鱈を入れって、3分ぐらい煮込んで、

      火を消す~鍋に蓋をする、代用

第二段取り、別の鍋で細かくした玉ねぎとピーマンをオリーブ油で炒め後、

      (時間ちょっと長く炒めして)、第一歩の鍋に入れて、蓋をする。

第三段取り、「この段取り(だんどり)の完成はネズミである」

     も一つ鍋に塩で砂を取ったアサリを入れって、また、白ワインを入れて、

     アサリは全部開けた後、すぐ火を閉じる。第一の鍋に入れって、

     3個鍋の物一緒に軽く混ぜて、完成です。

この料理のポイントは3個鍋で別別作ること。

一言、美味しい、写真のような大きい皿は、二皿が完食だった。

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押していっばい国際結婚ブログを見れますよ!

Dsc02722

      ღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ お弁当へღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へღ。゚・◕‿◕。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

帰化と永住&「豚カツカレー」

外国人は日本に居るなら、何時も自分のビザを更新しないといげない、

先ず外国人の在留資格によって在留期限がいろいろ、

ほかの在留資格はともかく、

配偶者の在留資格の場合は一年、三年~~など

帰化、なら中国で長住する時に三ヶ月一回ビザの更新しないといけない。

一回の費用は180元である。三ヶ月ずつ延長する。

永住、なら外国に行く時にビザの申請しないといけない。

今、私は永住と帰化はどちらを選びが迷っています。

来週は二つのパスポートを持って、入管に行く時に永住と帰化の件について、

もうちょっと詳しく聞いて見ようと思っています。

まだ~~

下の豚カツカレーは昨日の晩御飯である。

中のカレーはお母さんから頂いたもの「肉屋さんのカレー」だった。

ღ。゚・◕‿◕。 ここ押していっばい国際結婚ブログを見れますよ!

Dsc02719

   ღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ お弁当へღ。゚・◕‿◕。にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へღ。゚・◕‿◕。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シンプルのペンネ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

今日の晩御飯はシンプルのペンネだった、

トマトだけのほかの具が入らなくて、ネズミのお好みである。

Dsc02472_2

した写真中のグァバト蒟蒻(こんにゃく)ドリンクは超超超不味かった、

二度と買うまい。(超甘くて、味も不思議だった!!)

隣のおつまみは美味しかった。

Dsc02468_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五色鮭秋を迎え

下は今日の晩御飯の一品でした、

皿と一緒にちょっと五種類色になったのに、

まだ俺の発想に加えて、

この料理をあがりました。

ポイントは鮭の外に片栗粉で包むこと。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

Dsc02449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧