好きな歌DV

若叶色 萌ゆれば想いあふれて

Dsc04726 櫻色舞うころ
私はひとり
押さえきれぬ胸に
立ち尽くてた

若叶色 萌ゆれば
想いあふれて
すべてを見失い
あなたへ流れた

※めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっとおしえながら※

枯叶色 染めてく
あなたのとなり
移ろいゆく日々が
愛へと変わるの

どうか木々たちだけは
この想いを守って
もう一度だけふたりの上で
そっと叶を揺らして

やがて季節(とき)はふたりを
どこへ运んでゆくの
ただひとつだけ 确かな今を
そっと抱きしめていた

雪化粧まとえば
想いはぐれて
足迹も消してく
音无きいたずら

どうか木々たちだけは
この想いを守って
永遠'の中にふたりとどめて
ここに 生き続けて

Dsc04730_2 先スーパーに行く時に、

毎日走って、よく知っているこの小路には櫻の花びらを散々落ちってしまた。

落ちた花びらを見た瞬間にこの歌のメロディーは私の耳側に廻りました。

なんか~少し感傷的な気持ちを湧いて来ました。

自転車を押しながら、小雨の中に歩いて、ずっと櫻の花びらを見えない処に自転車を乗りました。

小雨中に皆は急いで歩くが、私だけ~この櫻舞うころを味わいしました。

一年一回の櫻舞うころ、私の思いを溢れました。

私の思い出

櫻の花びらと一緒に風で流れってください。

永遠~遠に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたがいる限り~

| | コメント (0) | トラックバック (0)